深藏不露:商务日语口语事物安排?

日语口语深藏不露:商务日语口语事物安排?已关闭评论123阅读模式

商务日语口语:事物安排

1. 予定の確認 (Confirming the Schedule)

取引先との会議やアポイントメントの前に、スケジュールを確認しましょう。メールや電話で、以下のような表現が役立ちます。

「お世話になっております。来週の会議の日程はいかがでしょうか?」

2. 日程の提案 (Suggesting a Schedule)

相手の都合を考慮し、日程を提案する場合もあります。柔軟な表現でアプローチしましょう。

「ご多忙と存じますが、来週の水曜日か木曜日にお逢いできますでしょうか?」

3. 日程の変更 (Changing the Schedule)

急な変更が必要な場合、丁寧に相手に伝えることが重要です。

「大変恐れ入りますが、予定が変更となり、会議を明日に延期させていただきたく存じます。」

4. 会議場所の確認 (Confirming the Meeting Location)

会議場所やアポイントメントの場所は事前に確認しておきましょう。

「会議は弊社オフィスにて行います。ご案内いたしますので、お待ちください。」

5. アジェンダの共有 (Sharing the Agenda)

会議の前にアジェンダを共有することで、参加者が準備をしやすくなります。

「会議のテーマは以下の通りです。ご準備いただけますようお願い申し上げます。」

6. 遅刻・キャンセルの連絡 (Late Arrival or Cancellation)

遅刻やキャンセルが必要な場合、早めに連絡しましょう。

「急な用事ができてしまい、遅刻せざるを得なくなってしまいました。申し訳ございません。」

深藏不露:商务日语口语事物安排?

まとめ:

商務日本語における事物安排は、丁寧な表現と柔軟なアプローチが重要です。スケジュールの確認、提案、変更、場所の確認、アジェンダの共有、遅刻やキャンセルの際の連絡など、円滑なコミュニケーションを心がけましょう。

  • 声明:本站内容源于网络,出于传递更多信息之目的,并不意味着赞同其观点或证实其描述。文章内容仅供参考,请咨询相关专业人士。
  • 转载请务必保留本文链接:https://www.xiaoye.com.cn/syry/ryky/1730.html